ちょっと思い浮かべてみてください。無難な家と、好きな空間がたくさんある家での暮らしを…。
家はずっと暮らしていく場所です。毎日そこへ帰り、寝起きして、食事をしたり、くつろいだり、なんにもしなかったりと。そんなふうにして何十年も暮らしていく場所であることを思うと、まさに家は人生とともにある場所なんですね。だから「無難」と「好き」の差が長い年月の中で“大きな差”となってくる。ちょっとくつろぐにしても「無難な空間」と「好きな空間」では、“くつろぎ度”だって違う。食事だって「好きな空間」で食べるほうがおいしく感じるだろうし、音楽だって「好きな空間」で聴くほうがよりひたれることでしょう。それ自体はちょっとした差なのかもしれませんが、10年、20年という時間で考えれば、それはずいぶんと“大きな差”になってくると思いませんか。


つまり…、もしも、人生における“幸せ度”というようなものがあったとしたら、好きな空間がたくさんある家は、日常の中の、その“幸せ度”をまちがいなく高めてくれると思うのです。人生のほとんどが日常の連続。そう考えると「好きな空間」があるということは、長い人生にとっても、とても大切なことであることがわかります。好きな空間がたくさんある家は、あなたの人生を豊かにしてくれる。これから家づくりをはじめる人に、KINOIE SEVENが最初にお伝えしたい、大切なメッセージです。


家を建てるとなると、家族構成にあった間取りや広さ、また、冷暖房や空調などの快適さといった物理的なところに意識がいってしまいがちです。もちろん、それらのことは家づくりのとても重要なテーマ。でも、家は人生とともにあり続ける場所です。好きな空間にこころをいやされる、というような“こころの快適”も、とても重要なテーマ。KINOIE SEVENの家づくりは建築家と建てる、完全オーダーメイドの自由な家づくり。あなたの想いやライフスタイルを反映させた、好きな空間がたくさんある家が建てられる家づくりです。