2018-03-14

光を採る

根來さん設計「気配り・木配りの家」は外部に向かって大きな窓はほとんど見当たりませんが、家の中に入ると大きな窓から光が降りてきます。一階の居間、食堂、台所、畳の間、二階の寝室は全てこの二階にある箱庭からの光でプライバシーを守りつつ安定した明るさを得ることができます。外から伺い知れないこの箱庭はプライベートデッキとして様々な用途に使う楽しみもあり、都市住宅の設計ならではの工夫です。

さりげなく大きなガラス掃除への気配りもしています。

気配り、木配りの家:設計 根來宏典  文:松原正明建築設計室、松原正明

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です