2017-12-11

【中庭を見る】

なかなか見られない上からの中庭と、中庭から見た居間方向。上が和室、右の狭い屋根が廊下部分です。時間によって陽の入り方、影の出来方は違いますが、その時その時を楽しむ事が出来るように考えられているようです。中庭から見ると開放的な居間ですが、外部からは全く見えません。これだけ開放的にしながらプライバシーを保つには中庭が最適です。上部は吹抜け部分の窓ですが、居間への採光と空の視界確保を担っています。様々な選択が石黒さんらしく感じます。

開放的に暮らせる中庭がある家/設計:石黒隆康
文:松澤静男

「開放的に暮らせる中庭がある家」のレポートはこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です