まちなみ の記事一覧

  • 07

    土間の広がる家

    根來宏典

    土間を中心に「みんなの居場所(LDK)」と「個の居場所(個室群)」をL型に配置。LDK、土間、軒下、庭が一体となった空間構成です。石畳のアプローチに導かれ、玄関を入ると奥行きのある土間が伸び、 外部空間である軒下に土間が広がり、離れのように配置された個室群の前にも土間が折れ曲がって広がっています。
    土間に置かれた「オーブンとコンロ付きの薪ストーブ」は、「アイランドキッチン」とともに家族の中心的存在。両方でそれぞれの特徴を活かした料理を楽しみながら、ダイニングで、土間で、軒下で、お庭で、、、生活の楽しみが広がる住宅です。

    まちなみ, エコロジー, ロングライフ, 快適空間, 生活提案, 素材ディテール2017/03/15 posted.

  • conv0001-2s

    焼き杉(青葉台)の家

    松原正明

    四人家族の二階建て住宅です。前の家で使っていた大きな三角形の囲炉裏テーブルを組み込むことが設計の前提条件でした。居間の平面形をテーブルに合わせ、準防火地域の防火範囲から逃げた位置に大きな木製建具を設けました。内装仕上げは […]

    30坪前後, エコロジー, 快適空間, 未分類2015/10/22 posted.

  • DSC_5318-2

    参道の家

    松澤静男

        この住宅は風致地区で準防火の法的な規制を受けているため、 建築面積と延床面積の制約が厳しく、また緑豊かな環境を守る必要があります。 商業地に近いため3階までは可能でしたが、準耐火構造にする必要 […]

    エコロジー, 広葉樹, 快適空間, 未分類, 素材ディテール2015/09/04 posted.

  • 936911_473714572699285_1331893904_n

    st_House

    古川泰司

      st_House(埼玉県秩父市) 2013年 かわいい二人のお子さんと暮らす家族四人のための 秩父の西川材をふんだんに使った木の家です。 空気集熱式パッシブソーラー「そよ風「」を採用。 底冷えのする秩父盆地 […]

    2000万円前後, 30坪前後, エコロジー, ローコスト, 素材ディテール2015/08/19 posted.

  • 180023_128447867225959_1531850_n

    0676_House

    古川泰司

    0676_House(千葉県市川市) 2010年竣工 2世帯居住を考えた千葉県の杉材と漆喰でつくった家です。 最初の写真は一階の居間。 空気集熱式パッシブソーラー「そよ風」を採用していて 冬の間は太陽熱でどこにいても温か […]

    3000万円以上, 30坪前後, エコロジー2015/08/17 posted.

  • 借景を生かす    西日対策:蔀戸、
 敷地の西側は、水路を隔てて隣家の緑が広がっている。それを借景として取り込んだ。問題は西日対策である。西側にサンルームを設け、木製ルーバーによる蔀戸(シトミド)を設置した。ルーバーの角度が変えられる簡単な仕掛けである。日差しを遮りながら風も視界も抜けることができる。

    佐賀の家

    半田雅俊

    佐賀の夏は暑い。残念ながらパッシブ手法だけでは、限界がある。
    住まいの省エネは結果であって目的ではない。
    いかに心地よく快適に過ごせるかである。
    この佐賀の家ではさまざまな省エネ方法を複合的に取り入れた。

    2500万円前後, 30坪前後, エコロジー2015/03/18 posted.

  • 02-04

    木曽呂の家

    松澤静男

     銀杏の木を取入れた3階建住宅です。 広い敷地で、本来ならば平屋や2階建てで十分設計可能なのですが、敷地にある大きな銀杏の木と樫の木などの防風林を活かし、また建物に取り込み、その緑を毎日楽しむという希望から3階建てになり […]

    エコロジー, 広葉樹, 快適空間2015/03/02 posted.

  • 10999110_775958685808204_4954905631556771696_n

    kotori_House

    古川泰司

    鎌倉の北部の自然の残る坂道の途中に建つ親子三人のための家です。  外壁はカラマツ板のサイディング。 雨風にさらされて素敵なシルバーグレーに変わっていくことを建主さんは待ち望んでいます。 2階リビングからは緑が見えます。 […]

    2000万円前後, 30坪前後, エコロジー, 快適空間2015/02/18 posted.

  • 01

    うなぎの寝床

    根來宏典

    品川区大井町で設計・監理した木造3階建ての住宅です。
    敷地の形状は間口は4m、奥行き14.5m、所謂「うなぎの寝床」。
    この敷地特性を上手く活かすため、内部は階段を挟んだスキップフロアで構成し、各フロアが緩やかに繋がり、奥行きのある空間となっております。

    エコロジー, 作り方, 快適空間, 生活提案2015/01/31 posted.

  • 02s

    通り土間のある平屋の家

    松原正明

    寄せ棟屋根を架けた変形コの字型プランの平屋の家です。
    四世代がお互い適度な距離を保ちつつ暮せるよう中庭を囲んで各部屋を配置しました。
    玄関からそれぞれの世帯へは芦野石を敷き込んだ土間が続き、薪ストーブや趣味のスペースとして世代をつないでいます。

    まちなみ, エコロジー, ロングライフ, 快適空間, 生活提案2015/01/06 posted.