生垣と建物との間に並行してアプローチが延びています。床には、300×600mmの深岩石を敷き詰めた石畳。白い塗り壁の外壁に、プライバシーを守るべく木製の連子格子。格子は全長13メートル。その連続感は、見応えがあります。足元に置かれた行燈とともに、奥へ奥へと導かれる雰囲気を醸し出しています。
アプローチや外灯に配置された庭園灯は、足元を照らすだけでなく、白壁を照らし、陰影、透明感をつくります。手前に、奥に、回り込んだところに配置された灯りは、奥へ、奥へと向かう期待感を高め、空間に広がりをもたらします。
01

玄関を入って、まず目にする景色です。土間を中心に「みんなの居場所(LDK)」と「個の居場所(個室群)」がL型に配置されている様子が分かるかと思います。
軒の出は、2メートル。大きな開口部とともに、垂木が室内から室外に連続して跳ね出しているので、内外の空間に一体感が生まれ、より大きく、より伸びやかな感じがします。夏場の日よけ対策にもなっており、風通しも良い住宅なので、エアコンを殆ど使わない生活を送っています。
02

ソファ、ダイニングテーブル、椅子、ベンチ、ペンダント照明などは、木、鉄、革、生地の素材感を大切にした長く使える家具で揃えています。
北側には、壁面いっぱいの造り付け家具。下部にはカウンター収納、上部はレコードのサイズに合わせた吊戸棚。中心には、ターンテーブルが載ったDJブースを配置。
土間との境は、障子で仕切ることができます。鴨居(開口部)は、9.1mのスパンを無柱で飛ばしているので、圧巻の開放性。平屋の大らかな空間が、よりダイナミックに感じます。
03

キッチンから、土間を挟んで個の居場所(個室群)を見通した様子です。個室群の一番手前は和室。客間として使われますが、お子さんが小さい間は遊び場となり、キッチンからも遊んでいる様子が窺えるような空間構成になっています。
垂木をより美しく見せるため、野地板は黒く染めて惹き立たせております。お庭に向かって屋根が傾斜しており、細かく刻まれた垂木とともに、庭へと広がる視界の方向性を助長しています。
04

土間を挟んで、みんなの居場所と個の居場所(個室群)とは、離れのような感覚の空間構成です。それらを繋ぐブリッジより、土間を見返した様子。
フローリングには、ブラックウォールナットの無垢材。重厚感があります。ウォールナットは、チーク、マホガニーとともに世界三大銘木と呼ばれ、古くから高級家具などに使われてきた材。土間の深岩石との相性もバッチリです。障子を閉めると、落ち着きのある装いになります。
05

長い廊下を活かした大容量のファミリークローゼット。左手には長さ9メートルほどの壁面収納。トイレの扉も一体化して納まっています。右手には、和室、子供室が2つ、奥に寝室といった個室が並びます。
廊下を単なる通路として扱うのではなく、長い壁面を利用し大きなウォークスルークローゼットとした様相。布団や各部屋に入りきらない物も仕舞える大容量の家族収納です。そのウォークスルークローゼットを通って、各室に出入りします。洗濯物を各室に入らずに仕舞えるので、家事動線がラクチン。洗濯物を和室に取り込み、畳の上でたたんで、家族収納に仕舞う流れです。
06

手前から、寝室、子供室2室、和室と連なる個室群、その向こうに「みんなの居場所(LDK)」が折れ曲がり広がっています。
沈む夕日を背景に、伸びやかな水平ラインを強調する庇、シンボリックな薪ストーブの煙突、白壁と黒い板壁とのコントラスト、お庭を囲うように広がる連続した垂木と、深岩石の敷かれた外土間。静粛と躍動とが同時に存在する空気感。平屋ならではの大きな屋根に包まれつつ、生き生きとした生活模様が感じ取れます。
07