正面が北側で、3階部分は北側斜線により斜めに切り取られ、屋根のように見えます。
周りに建っている住宅は2階建てであることから、3階建て住宅でありながら、周辺環境に馴染ませるとともに、斜め部分は内部空間においても有効に活用しております。
01

1階世帯のLDKに入った時に見えてくる風景。の奥には、寝室が見通せます。建具は基本的に引戸で構成し、開けておけば風通しも良く、下がり壁もないので、空間が連続して広く見えます。
キッチンはアイランド側にシンク、背面側にコンロの2列タイプ。足元には食洗機付。アイランドの天板が伸びて、ダイニングテーブルにもなっております。オリジナルの製作キッチンです。
02

2階世帯のLDKに入った時に見えてくる風景。真南に対して部屋が斜めに切り取られ、台形の形状となっております。窓の先は三角形のお庭に面しております。植栽は植えたばかりなので、未だ低い。少し育てば、2階からも緑が楽しめるようになります。
周囲を建物に囲まれた旗竿地の住宅ですが、この斜め方向だけは平屋建て。しかも南面。光と風を取り入れる目的とともに、旗竿地に開放性をもたらす空間です。
03

1階世帯に面したウッドデッキとお庭が見降ろせます。この三角形の庭は、周辺隣家との関係性に調和をもたらすだけでなく、両世帯が共に一つの土地に暮らしているという意識的な関係性にも一役買っております。
04

リビング奥からの見返しの様子です。キッチンは、奥さまご希望の真っ白なペニンシュラキッチン。もちろんオリジナルの製作キッチンです。
背面収納の裏側は、和室(客間)になっており、1階世帯の住人も共有して使えるプランニング。LDKと階段スペースとの仕切りを閉めておけば、顔を見合わせることもありません。
05

階段最上段の様子。トップライトから光を取り入れ、柔らかい光が一階まで降り注ぎます。
06

3階に設けられたルーフバルコニーの様子。手前にバスルーム、奥に寝室が繋がっております。三角形状をしており、パースが掛かって、奥行きが感じられます。夕涼み、お風呂上がりのビール、就寝前の読書、リラックスの仕方は色々です。
周囲が建物に囲われた旗竿地、かつ厳しい高度斜線の規制ゆえ、いろいろとギリギリな中での設計でしたが、無駄を省き、凝縮し、それでいて内部と外部との繋がりある空間を実現した結果、個性ある豊かな空間になっていると思います。
07