四人家族の二階建て住宅です。前の家で使っていた大きな三角形の囲炉裏テーブルを組み込むことが設計の前提条件でした。居間の平面形をテーブルに合わせ、準防火地域の防火範囲から逃げた位置に大きな木製建具を設けました。内装仕上げは壁・天井共珪藻土塗りとし、外壁は木童の焼き杉を使っています。焼き杉の色は年月とともに渋い灰色へと変化してさらに良い色へと変わっていくでしょう。

conv0001-2s

南側外観 焼き杉の黒はやさしい

DSC_0322s三角形の囲炉裏大テーブル テーブルに合わせて平面が決まった

DSC_0077sキッチンから居間・食堂を見る

DSC_0111s

居間の片隅には薪ストーブがある

DSC_0083s

玄関から居間側を見る

DSC_0379s

玄関ポーチと土間

DSC_0175s

一階トイレと洗面所

conv0003-2s

南庭の木製デッキ