狭小住宅の場合、よく道路に面して玄関ドアが付いておりますが、子供の飛び出しや、玄関ドアを空けると中が丸見えになるとか、好ましい玄関構えではありません。今回の計画では、玄関ドアを奥の方の脇に設けていることも特徴です。狭い敷地ながらも人の歩く距離を長くすることにより、路地の奥に惹き込まれるような、少しでも豊かなアプローチを造り出そうと考えました。

01

階段スペースを挟んで「向うのフロア」と「手前のフロア」とが互い違いになる構成です。このようなスキップフロアの空間は、視覚的にも楽しく、この階段を視覚的にも機能的にも如何に生活空間に馴染ませるかがポイントとなる訳ですが、デザイン的なことだけでなく、重力(温度差)換気のスペースとしても活用することが可能です。

02

キッチン中央には、長さ1.9mの作業台を設置。足元には、家電やゴミ箱などが収納されます。軽食や子供の勉強スペースなど、用途に多様性を持たせております。作業台の背面には、大きな壁面収納も設け、豊富な収納量を確保しました。正面には出窓を設け、明かりを取り入れる目的だけでなく、キッチンスペースに奥行きのある広がり感を演出しております。

03

LDの様子。奥に見える中2階はキッチンスペース、中3階は水廻りスペース、3階は寝室スペースです。吹抜けを介して、2階と3階とがダイナミックに繋がっている様子が感じられます。単に吹抜けを設ければ繋がるというのではなく、左手(西側)に設けられた造付家具や間接照明が、空間の一体感を生んでいるのです。

04

中3階にある水廻りを出ると、半階下にLD、半階上に寝室が見えます。LDの向うにはパソコンスペース、その向こうには2階バルコニーまで見通せます。寝室の向うにはルーフバルコニーがあり、半階上がるだけで洗濯物が干せるので、家事動線もスムーズです。

05

3階に設けられた寝室。階段踊場から寝室を、その向こうには吹抜、スノコブリッジを渡った向うがルーフバルコニーといった具合に見通した様子です。3階のルーフバルコニーから取り込まれた光は、3階だけでなく、吹抜やスノコブリッジを介して、2階のLDに明るい自然光が取り込まれます。

06

3階のルーフバルコニーから吹抜けを、すのこブリッジを渡った向こうには寝室、更にその向こうには階段室、更に更にその向うにはロフトといった具合に見通せます。「うなぎの寝床」では、この『見通し』を大切に設計をしました。建物間口3m強の細長い住宅です。その個性的な敷地特性を活かし、奥行きのある内部構成となっております。

07